前回は、見守るべき子どもの喧嘩の見分け方についてご紹介しました。子どもの喧嘩には、見守るべきものと仲裁するべきものの2つがあります。

では、仲裁が必要なときはどうやって間に入れば良いのでしょうか?円満に解決し、子どもたちの成長にもつながる喧嘩の対処法をご紹介します。

子どもの喧嘩の仲裁方法

子どもの喧嘩の仲裁方法


とにかく共感!

喧嘩には「両成敗」という言葉があるように、必ず片方だけに非があるということはありません。
倫理的や道徳的に明らかにいけない場合はそれを子どもに伝えることも必要です。

しかし子ども同士の喧嘩でそういった重大な喧嘩の原因はマレでしょう。

そこで保育士が仲立ちになる時はとにかく子どもの気持ちに共感していくことが大切です。
喧嘩をしている子どもたちは自分の方が正しい!と興奮状態にあります。

否定せず、子どもの気持ちを理解する

これを否定するのはよくありません。
保育士にとってどんなに理不尽で正しくないような意見でも、子どもは真剣に「自分の意見・行動が正しい」と本気で信じています。正しくない、良くないと言われても、どう直していいかわからない状態なのです。

何がどうでどんな気持ちなのか、というのを子どもの傍にいて共感します。

もちろんこれは両方の子どもの気持ちに共感します。
保育士がそうやって相手の子どもの気持ちも言葉にすることで、もう1人の子ども自身も相手の気持ちに気付くことができるようになるのです。

お互いの気持ちを代弁し、相手がこんな風に思ってたんだ、と理解できるようになると興奮も収まってきます。
相手の気持ちを思いやる、理解するといった社会性を学ぶ機会にもなります。

解決策を一緒に考える

保育士のあなたからすれば解決策は本当に簡単なことです。
例えば、「謝る」とか「順番を守るようにする」とか、そういったことでしょう。

業務に追われてバタバタしている中で、つい「~してみたら?」「~しようね」と子どもに正解の行動を教えたり、促してしまいたい気持ちになると思います。
まして、仲裁している時にまた別の場所で喧嘩がはじまった・・・なんて状況になったら、一刻も早く解決出来る方法を選びたくなりますよね。

しかしこの答えを保育士から与えてしまってはこの喧嘩には何の意味もありません。
子どもが自分たちで答えを導き出さないと根本からの解決にはならないのです。

責められていると感じてしまう言葉はNG

「どうして〇〇しちゃったの?」という事情聴取のような聞き方は一番してはいけません。
これは知らず知らずのうちに子どもを追い詰めています。

追い詰められていると感じると、子どもは自分の気持ちを素直に表現することができませんし、保育士に対して心を開かなくなってしまいます。そうしたら、喧嘩の仲裁どころか、今後の保育にも悪影響ですよね。

じっくりと腰を据えて話す気持ちで

「どうしたら喧嘩にならなかったのかなあ?」などと助け船を出してあげましょう。
時間をかけて子どもの話を聞いていたのなら子どもたちも落ち着いてきているはずです。

喧嘩の仲裁は時間をかけることが必要です。
早期解決をしようとすると子どもの気持ちは置き去りになることが多いのです。しっかりと時間をかけて、子どもが自分で喧嘩の原因や相手の気持ちに気づけるようにしましょう。

じっくり考えることで「貸してあげればよかった」などという言葉が子どもの口から出てきたら嬉しいですね。
保育士さんは心の中でガッツポーズをすることでしょう。

出てきた子どもの答えには否定せず、仲直りができるような方向に軌道修正していきましょう。
そして仲直りができたら、しっかりと褒めてあげることが必要です。

喧嘩は社会性を学ぶ機会

子どもの頃、誰とも喧嘩をしなかった、という人は少ないと思います。
それは自我が芽生え、相手との関係を築こうと努力しているからです。

この喧嘩の1つ1つが社会性を学び、相手を思いやる気持ちを育みます。
基本的にはどんな喧嘩も見守ることで子どもは成長します。

答えを教えるのは簡単で手っ取り早いです。
しかし見守るだけでも子どもは社会性を学びます。

この子どもの素晴らしい能力を心から信じてあげて、根気強く見守るようにしましょう。
こうした子供を思いやる温かい気持ちを、自分自身の中で育てていくことは、次のステップアップとして保育士にも評判の転職求人を探す際にも面接でアピールできますので日々の積み重ねとして、接し方のテクニックを磨いておくと保育士としての成長が実感できるかと思います。