保育をしていると毎日ニコニコ笑って過ごせられればいいですが、そうもいきません。

友だちとのトラブルや、感情のコントロールができずに癇癪を起してしまう子。
危険な行為をしてしまう子には、きちんと叱らなくてはいけないのも保育士の大切な仕事です。

しかし、この「叱る」という行為はとても難しく、多くの保育士さんが「どうやって子どもを叱ればいいのか?」と悩んでいることでもあります。

悩んでいるうちにうまく叱れず、子どもたちが危ない目にあってしまった・・・という保育士さんも少なくはないでしょう。じ

そこで今回は保育現場で「叱る」場面に直面した時に有効な方法をご紹介しましょう。是非参考にして明日からの保育で実践してみてください。

子どもの叱り方

子どもの叱り方


「叱る」は「怒る」ではない

私も実習に行っている時に、担当して下さった保育士さんから言われました。
「子どもたちを叱ってもいいけれど、怒ってはいけません。」

この「叱る」と「怒る」には大きな違いがあるんです。
漢字を見てもらうと分かるように、「怒る」には「心」が入っています。

つまり感情がそこには入っているんですね。
何かトラブルを起こした、何か危険な行動をした子どもに対して「怒った」感情をぶつけてしまうことをさしています。

一方で「叱る」というのは理路整然としていて、何故この行動をしたら叱られたのか説明する行為でもあるのです。
そこで保育現場では、必ず、「叱る」という行動を保育士は取らなければならないのです。

そこで子どもを「叱る」時のポイントを4つご紹介しましょう。

その場で簡潔に叱る

まず、叱る時は色々な場面があります。
それぞれに理由があります。

しかし、相手はまだ幼い子どもです。
叱る時は、子どもがいけないことをしたその場ですぐに叱るようにしましょう。

「また後で」というのは子どもには通じません。自分がしてしまったことや、自分の気持ちを思い出すことができないからです。
もし時間をおいて叱ったとしても、子どもは何で叱られているのか理解できず、何がいけなかったのか?どうすればいいのか?を学ぶことができません。

どうしても、その場で叱れない場合もあります。
例えば、外出先であったりすると、保育士といえどもその子を叱ることは難しいでしょう。どうしても他に対応しなければならないことがあり、その子の指導を優先して行えない時もあります。

それ以外の時はその場で子どもに伝えることが一番重要です。
また叱る内容も「あの時もあなたはこうだった。」などと過去の事を持ち出すのは辞めましょう。

クドクドと長く叱っていても子どもは何で結局怒られているのか混乱するだけで何も心に残りません。
何が悪かったのか?どうしていけないのか?ということを、簡単な言葉で、短く伝えることで、子どもが自分の考えとして理解できるようになります。
目の前の事だけに注意して、簡潔に叱るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です