Pocket

子どもの叱り方を考えるシリーズも、これで完結です。

ここまでこのシリーズでは、

  • その場で完結にしかる
  • ゆっくり静かに叱る
  • 叱る理由を伝える
ということをご紹介してきました。

今日は、最後にとても大事なポイントをお伝えしようと思います。子どもたちがネガティブなきもちを持つことなく、正しい行動と優しい心を育むためにぜひチェックしてみてください。

子どもの叱り方

子どもの叱り方


一度口にしたことは曲げない

叱るというのは繰り返しになることもあります。
何度も根気強く説明し、向かい合っていたとしても同じような場面で同じような事をしてしまいがちです。

この時に、子どもが
「あの時は良かったのに、今はだめなの?」と混乱してしまうことがないようにしましょう。

同じことをしても、環境が違えば叱れない時もあります。
しかしそれは保育士の事情であって子どもとは関係ありません。

今、叱るとクラスが前に進めないんだよな~とか、時間がないんだよな~、というのはとても迷うところでもあります。
叱るということには時間がかかりますから仕方のないことですよね。

でも、こういった保育士の都合で叱ったり叱らなかったりすることのないようにしていきましょう。
子どもは保育士の事をとても良く見ています。

「今なら怒られない」ということを学んでしまうと、今度はその対応にも気をつけなくてはいけなくなるのです。
大人の都合を優先せず、「子どものために」を常に考えて叱るようにしましょう。

また、叱る理由をその時々によって変えるのもNGです。
「先生は前こういった」ということに対して、都合が悪いからといって「そんなこと言っていません!」と隠したりせず、「この前はこうだったからこういった。今日は、これに対して、こう言っている」とわかりやすく説明できるようにしましょう。

言うまでもないですが、気分がむしゃくしゃしているからといって、やつあたりするのは絶対にダメです。子どもが理不尽さや不公平感を感じるような叱り方になっていないか、その都度振り返るようにしましょう。

叱るのは子どものためを思うこと

叱るということは子どもに「いいこと」「悪いこと」を伝えていく行為でもあります。
しかし、子どもにも個性があるように、その子どもにあわせた叱り方をしていかなくてはいけません。

ここには保育士として一番求められる「臨機応変」さが必要になってくるのです。

それでも、一番大切なことは子どもの事を一番に考え、どうしたら子どもが成長してくれるか?ということを考えていくことです。
子どもと一緒に成長できるように、保育士は自分の感情をコントロールして、真摯に向き合って下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です